医療福祉で欠かせない仕事|給料が安定している公務員になるには|知っておきたい仕事の情報
女の人

給料が安定している公務員になるには|知っておきたい仕事の情報

医療福祉で欠かせない仕事

男女

生活を支援する仕事

言語聴覚士の仕事は、生まれつきの障害がある人や事故や病気で障害を抱えた人、加齢によって上手く話したり食べたりする事ができない人を補助する仕事です。言葉をうまく話す事ができない事によって、コミュニケーションがうまく取れなかったり嚥下に問題がある人を、自分らしい生活ができるように支援します。医療分野であったり福祉分野では欠かせない仕事であり、日常生活の中でサポートしながら社会復帰を目指す訓練や指導を行います。言語聴覚士は耳の障害を持つ人や言葉の障害を持つ人、嚥下に障害を持つ人などに対して適切な指導や訓練をしてサポートする必要があります。言語聴覚士として仕事をする為には、言語聴覚士養成所などの専門の学校を卒業して国家試験に合格する事によって、医療や福祉の現場で活躍する事ができます。

専門的な知識を身に付ける

言語聴覚士の国家試験を受ける為には、専門学校などで専門的な知識や技術を身に付ける事が必要になります。言語聴覚士の試験には、基礎医学や臨床医学、心理学や社会福祉などの分野に加えて専門的な言語発達障害や嚥下障害などの分野が出題されます。言語聴覚士になる為の学校では、コミュニケーション障害の病態であったり医学的処置などの医学知識と、心の働きを理解する為の心理学なども学びます。専門分野である言語聴覚障害について学ぶと共に、それらに付随して必要となる知識を身に付ける事によって、患者に対して幅広くケアする事ができます。言語聴覚士になる為の専修過程を持つ学校では、講義に加えて演習や実習をしながら実践的に技術を身に付けながら国家試験の合格を目指します。